教育・資格取得奨励制度

ソフテムは、「企業は人」の理念のもと、人材の育成に特に力を入れています。先輩に丁寧に教えてもらいながら仕事を覚える。これは、ソフテムでずっと受け継がれている事。全社員が人の育成に対して高い意識を持っています。

新人社員教育のステップ

  • ①内定者教育

    内定者の方にはeラーニングを使った学習を中心に、入社前の事前準備をしていただいています。また、定期的に集まってもらい、ソフテムの雰囲気に慣れてもらうとともに、内定者間の親睦を深めてもらいます。

    入社前の段階で積極的にコミュニケーションをとってもらうことにより、入社後の新人社員研修でより良い成果が得られます。

  • ②新入社員研修(2ケ月)

    入社後の新人教育では外部の専門機関にて、プログラミング言語の基礎を学習してもらいます。

    外部研修後、専任の教育担当者による内部研修を行います。内部研修では、プログラマーやシステムエンジニアになるための基礎知識だけでなく、ひとりの社会人として身につけておくべき常識やマナーを徹底的に教育します。

  • ③OJT(約10か月)

    社内での研修が終わると、システム開発プロジェクトに配属され、実際の仕事を通じての教育が始まります。

    ここではトレーナーとなる先輩がしっかりと指導を行います。

    先輩は後輩が自信を持って業務に当れるようにしっかりとサポートし、後輩たちはそれを受け、社会人として、技術者として成長する。それがソフテムのスタイルです。

キャリアアップ・プラン

キャリアアップ・プランイメージ

OJT終了後は、それぞれの社員の希望や適性を見ながら、プロとして最も活躍できるキャリアを形成できるようサポートしていきます。

技術のプロとして活躍してもらう社員、あるいはマネジメントで力を発揮してもらう社員、それぞれに適した仕事のローテーションを図っていきます。

社員の成長が企業の成長です。
ソフテムはエンジニアとしてどこでも通用し、お客様の信頼に応えられる人財(材)を育てる企業を目指していきます。

資格取得報奨制度

ソフテムでは、我々が持つべき技術を『奨励技術資格』と定め、報奨金を以てその資格を支援します。
(資格取得時に報奨金を支給しています。)

  • 経済産業省・情報処理技術者試験

    • システム監査技術者
    • ITストラジスト
    • システムアーキテクト
    • プロジェクトマネージャ
    • ネットワークスペシャリスト
    • データベーススペシャリスト
    • エンベデットシステムスペシャリスト
    • 情報セキュリティスペシャリスト
    • ITサービスマネージャ
    • 応用情報技術者
    • 基本情報技術者
    • ITパスポート
  • ORACLE MASTER認定試験

    • ORACLE 認定コンサルタント Gold
    • ORACLE 認定コンサルタント Silver
    • ORACLE MASTER Platinum
    • ORACLE MASTER Gold
    • ORACLE MASTER Silver
    • ORACLE MASTER Bronze
  • SUN JAVA認定試験

    • Oracle認定エンタープライズアーキテクトEE 5
    • Oracle認定モバイルアプリケーションディベロッパ
    • Oracle認定Java WebサービスディベロッパEE 1.4
    • Oracle認定ビジネスコンポーネントディベロッパEE 1.3
    • Oracle認定WebコンポーネントディベロッパEE 5
    • Oracle認定Javaディベロッパ
    • Oracle認定Javaプログラマ
    • Oracle認定Javaアソシエイツ